なんだかおもしろい

    『進撃の巨人』ハリウッド映画化発表!制作は「ハリー・ポッター」シリーズ手がけるヘイデイ・フィルムズ

    1

    「進撃の巨人」第26巻

    「進撃の巨人」のハリウッド実写映画化が決定しました。また、スタッフ情報も発表されています。

    配給はワーナー・ブラザースが担当。監督は「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティさん、制作には「ハリー・ポッター」シリーズで知られるプロデューサーのデイビッド・ヘイマンさん、そしてヘイデイ・フィルムズが担当します。

    発表は別冊少年マガジンの班長のTwitterにて。突然のハリウッド映画化発表に「期待大」「すごいなー本当に世界的な作品だよ」「キャスト気になる〜」のコメントのほか、海外ファンからのコメントも数多く寄せられています。

    進撃の巨人(26) (週刊少年マガジンコミックス)
    諫山創
    講談社
    ¥ 454

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    中の人のつぶやきはこちら!


    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2018年10月30日 15:18▼返信
    もう今更失うものなんてないからな

    どうぞお好きにって感じ
    2 おもしろい名無しさん 2018年10月30日 16:21▼返信
    肌に合わない。ハリーポッターが映画~原書なら面白いけど、原書~映画だったから「幻滅」した記憶
    もう勝手にやってればて感じかな
    3 おもしろい名無しさん 2018年10月30日 20:53▼返信
    2時間で何やるの?
    どうせやるならHBOで連続ドラマ化だろ

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)