なんだかおもしろい

    アニメ『五等分の花嫁』第1話、アカン好きすぎる…アカンこの五つ子好きすぎるわ…!(ネタバレあり)

    3

    アニメ「五等分の花嫁」第1話感想レビューです。ネタバレを含みますので、読む場合は注意してください。

    アニメ『五等分の花嫁』第1話「五等分の花嫁」

    ありがとうございますありがとうございます…!読み切りから2年…いや春場ねぎさんの前作「煉獄のカルマ」から4年半ですよ…。

    「ああこれ絶対にアニメ化するだろうな」と期待していたら想像以上に早いペースでアニメが放送されてしまいました…そう、「五等分の花嫁」です!

    このハイペースなアニメ化展開の裏側を紐解けば、原作がすげェ人気だってこと。このサイトでも定期的に宣伝したし、リアル生活でも暇あれば「今マガジンのラブコメ面白いよー」って言いまくってた。たぶんウザがられただろうけども、そんなの関係ねェ。読んで五つ子の中で誰が一番いいのか選んでくれーそしてみんなで「一夫多妻制ないかね?」って言い合いたいんだよ全くゥ!

    …はい、ということでアニメ「五等分の花嫁」第1話の感想レビューです。

    あらすじ

    家が貧乏な高校二年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師のアルバイトの話が舞い込む。ところがその教え子は最悪な出会いを果たした同じクラスの転入生、中野五月だった!何とか五月のご機嫌を取ろうと近づく風太郎だが、行く先々に現れる四人の女の子たちに振り回されてしまう。どうにか五月のもとまで辿りついた風太郎だったが…

    五つ子と家庭教師の出会い、運命の出会い

    4

    ストーリー内容について説明するとアレなんだけども、まあアレです、ストーリーは第2話までです。中野5姉妹が転校して知り合い、家庭教師となったフータローはマンションへ行ったものの追い出されて五月とともに家へ戻って、そして家がビンボーだって五月が気づいたことからスタート。現状、フータローを理解しているのは五月だけって状況ね。

    このときに出会った子のうち誰かが、フータローと結ばれるんですよね。必ず誰かと結婚するのが確定していて、それは一体誰なんだ…?という推理的な楽しみと、「いやいやマジでこれ一夫多妻制いるんじゃね?」という想いがどんどん募っていくことと…みんなええ子すぎるから問題なんや!

    アニメ1話を見て思ったこと

    1

    さて…ストーリーについてはあんまり言及せず、アニメはどうだったのかという点で語りたいかな…と。ちなみに作画についてはまだ1話なんで特に言うことはないです。

    一番気になったのは、アニメ1話に原作2話分入れたこと。これは自分の特殊な想いが一番の原因でもあるんですけど、元々原作1話=読み切りだったんですよね。この読み切りを読んでからすげェハマったっていうのがここの管理人なんですよね。読み切り時に読んで「ああ…連載してくれねェかな…」って思ったわけですよ。それくらい、素晴らしい読み切りだった。読み切りでいい感じに完結したという素晴らしいではなく、こんなにいい展開が読み切りとかもったいなさすぎだろはよ連載してくれェ!っていう素晴らしい。

    つまりですよ、ここの管理人は原作第1話が超絶好きなんですよ。第1話があったからこそ、今ここの管理人はこんなにもハマっているといってもいい…なので、原作1話分はアニメ1話でじっくりとやってほしかったなぁ…と思いました。

    でもまあアレですよね、もし原作1話=アニメ1話だったら、オリジナル展開ないと難しいかな!

    そしてもうひとつ気になったのが、声優。というのも、過去に漫画単行本のCMで佐倉綾音さんが五つ子全員を演じたことがあるんですよね。そのときに「やっぱ五つ子だから声は全員同じじゃないとなぁ…」とか思ったりしたわけですよ。でも、そもそも「五等分の花嫁」ってそんなキャラが多いわけではないのに、五つ子の声優が同じだったらいろいろ問題あるんじゃ…と思ってたら五つ子全員バラバラの声優になりました。

    まあアニメのTwitterなどでボイス入り動画が公開されてたので、ある程度は慣れてからのアニメ視聴だったのでそんなに抵抗はなかったけども、でももし五つ子全員同じ声だったら…という気持ちはあります。

    あともうひとつ、カラーアニメというせいか、結婚相手の髪の色が赤で「結婚すんの五月ですか?」とか思っちゃったわけなんですけど、違うよねこれミステイクですよね…?

    2

    …と、3つほど気になる点はあったんですけれど、アニメ第2話ってアレだろあの回だろ!?と思い出すと、テンションが高くなってきます。アニメについては期待しながら見たいと思います。

    …ちなみに5人合わせて250キロと聞いて、「五月は58キロかなぁ」とか思ってすいません。

    公式Twitter

    ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

    五等分の花嫁(7) (週刊少年マガジンコミックス)
    春場ねぎ
    講談社
    ¥ 454
    五等分の花嫁 1~7
    春場ねぎ
    講談社

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2019年01月11日 08:24▼返信
    同じ声設定だとアンチが暴れるからな、好きな作品を汚すなとか言う作品を盾にして
    2 おもしろい名無しさん 2019年01月11日 12:19▼返信
    三女だけ知らない声優さん
    抱き合わせ商法かな?
    3 おもしろい名無しさん 2019年01月11日 13:07▼返信
    いずれ慣れるんだろうけど、一花の声に違和感が・・・
    三玖は口数増えたときにどうなることやら
    個人的に二乃と五月はイメージどおりですんなり受け入れられました。
    4 おもしろい名無しさん 2019年01月11日 13:58▼返信
    >>2
    ろこどる見てないとは・・・あわれなヤツめ・・・・・・
    5 おもしろい名無しさん 2019年01月12日 00:35▼返信
    一部のブログ以外では
    ほとんど好評みたいだね
    まああそこも一人で必死に連投してる人がいるだけだろうけども

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)