なんだかおもしろい

    2018年国内家庭用ゲーム市場規模は4343億円!ソフト首位はあの2タイトルがダブルミリオン

    3

    ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2018年の国内家庭用ゲーム市場での売上規模やソフト別販売本数情報などを発表しました。

    集計期間は2018年1月1日~12月30日までの52週分。この1年間で2018年の家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト合計4343.0億円となったとのことです。

    1

    2018年の国内家庭用ゲーム市場は、ハード市場は昨年対比でマイナスとなった一方、2013年から2016年の市場規模を上回った結果に。またソフト市場はダウンロード販売の大幅拡大の影響で、オンライン決済全体を含めると2年連続で昨年対比プラスとんなったとのことです。

    2

    ダウンロード販売を含めたソフトランキングでは、2018年1月26日に発売された「モンスターハンター:ワールド」が286.0万本を販売しTOPに。ダウンロード版の売上が87.4万本と全体の3割を占めています。

    2位は「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で266万本と、発売わずか3週間でランクイン。ハード市場ではNintendo Switchが348.2万台を販売して年間販売台数のトップになっていますが、そのうち12月期だけで115.9万台、年間の3分の1に相当する売上台数を達成しており、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」の影響も大きかったのではないかと思われます。ちなみに2位のプレイステーション4は、年間169.5万台を販売しています。

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2019年02月18日 22:01▼返信
    約1か月くらいで200万本以上売れて年間2位に入るとかスマブラすげー
    2 おもしろい名無しさん 2019年02月19日 05:29▼返信
    ちなみにdl版の数はファミ通のアンケートのよる推計値です。
    ここまでやるのは逆に凄い

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)