なんだかおもしろい

    ラノベ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』TVアニメ化決定

    1

    ライトノベル「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」のTVアニメ化が決定。現在アニメ公式サイト及び公式Twitterがオープンしています。

    1

    「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は、ホビージャパンHJ文庫にて刊行中のライトノベル作品。著者はCHIROLUさん、イラストは景・トリュフさんが担当。若くして近隣にその名を轟かせる冒険者の青年デイルが、依頼され向かった先で見つけた魔人族の少女と出会い、保護するところから物語がスタート。

    キャスト情報も解禁。デイル役は岡本信彦さん、ラティナ役は高尾奏音さんが担当します。岡本信彦さんは「タイトルだけみてハーレムものだと勘違いしました。そして主人公の捉え方も当初と変わりました。 みんなを際立たせられればと臨んでいたのですが、娘を溺愛するクレイジーな男が出来上がりました。」、高尾奏音さんは「原作を読ませて頂いた時、心がほっこり温まる素敵な作品だなと感じました。」とコメントをされています。

    (C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会

    うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。1 (HJ NOVELS)
    うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。1 (HJ NOVELS) Kindle版
    うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1 (MFC)
    うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1 (MFC) Kindle版

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)