なんだかおもしろい

    『はじめの一歩』第1261話で私は泣いて昇天するしかなかった

    「はじめの一歩」感想レビューです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    5月22日、毎週チェックしていただきありがとうございます。第1262話の感想レビューは諸事情のため少し遅れます…。

    『はじめの一歩』第1260話で超感動…新・間柴に世界の夢を託してやる! : なんだかおもしろい

    「はじめの一歩」感想レビューです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。『はじめの一歩』第1259話、自分、キレていいすか? : なんだかおもしろい「はじめの一歩」感想レビューです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読

    『はじめの一歩』第1261話「弱点を乗り越えて」

    『はじめの一歩』第1261話_114822

    次にラフファイトをしてしまったら、間柴のボクサー人生は終了する…そんなヒヤヒヤする展開で、なおかつ対戦相手の伊賀はその展開を望んでいるわけなんですが…その策略に飲み込まれるか、それとも正当法で打ち破るのか間柴了!?

    戦いはついに、決着を迎える…果たしてどちらが勝利できるのだろうか…。え?ここの管理人は100%間柴が勝つと思ってますけどね!

    間柴、弱点を乗り越えて

    ここから神展開ね。間柴、かつての弱点であった木村、一歩、沢村の戦い方を駆使してくる伊賀に対して、どのように戦いを挑むのだろうか…。さらに言うと、伊賀は生粋のライト級。つまり今まで間柴が戦ってきた選手より丈夫な骨格を持つ選手になるわけだ。骨格がいいということは、おのずとパワーも、そしてスピードも良いはず。そんな相手に、果たして間柴は勝てるのだろうか…。

    『はじめの一歩』第1261話_120353

    週刊少年マガジン2019年24号 「はじめの一歩」第1261話より

    驚異的なフリッカージャブに加えて、くぐり抜けてきた相手を仕留めるアッパーカット。ここまではまさに戦略通り。しかしそれは伊賀も同じこと。ここから伊賀は、ドラゴンフィッシュブローと頭を使った反則技を使ってくる…が、ドラゴンフィッシュブローを簡単に避けて、左でショートフックで顔面を捉える!

    しかし、そのパンチをも耐え忍んだ伊賀は、頭をぶつけるつもりだ。もしここで頭がぶつかってしまったら、間違いなく間柴はキレてしまうかもしれない。ただでさえ今、間柴は頭に血が上っているはず。そう考えると、マジでヤバイのでは…が、ここも冷静に回避した。

    ふぅ~~~~~~…と思った矢先、とんでもないことを伊賀がやりやがった!なんと頭攻撃をしかけたところ、次の策…肘で顔面を狙うというものだった。ど、どんだけボクシングをナメてんだこのやろうがァ!

    試合終了~~~~~~ッ

    『はじめの一歩』第1261話_120346

    間柴ァ!

    間柴、伊賀から勝利だァ!やってくれた…間柴、やってくれた…。あの肘攻撃をグローブで止めて、すぐにカウンターをした。そしてそこからは、フリッカージャブで徹底して連打連打連打…相手をコーナーにまで追い込んだあとは、倒れるまで打ち続けるだけ。そして気づけば…圧巻の試合だった。

    マジで、泣いていいスか?というか泣いたんですけど。昇天したんですけど。今回、ガチですごかった…。間柴がこんな冷静な戦い方を見せてくれたことにも驚いたけども、単純に…誰にも負けないんじゃね?という圧倒的な強さというものも感じた。

    間柴、マジで世界へ行けるぜ。

    正直、伊賀がすごいピックアップされてたもんだから、この間柴戦では間柴がかませ犬みたいな扱いを受けるんじゃないかと不安になってたんですよ。いや下手したら、沢村のように引退することになってしまうとも…。それくらい今回は不安視していた。しかし終わってみたら、清々しいまでの正統派ボクシングでの勝利。これを喜ばずにはいられますか!?

    正直、今だったら昇天してナニが出てきてもおかしくはねェ。いやごめんシモネタで。いやまあそれはそれとして、今回はマジで一歩の中でもかなり上位…いや1位に選びたくなるほどの試合だったのではないかと思います。こんな早く試合が終わったのに、すごいインパクトある試合だったよ…。

    今週はいろいろやばかった…

    正直、今回の「はじめの一歩」の展開に関して言うと、過去最大といってもいいくらい、感情こみ上げたものがあります。泣きそう具合でいうとトップ。いろいろと名勝負が繰り広げられてきたものがあると思うのですが、その中でも今回は特別に、特別に感情移入しちまったぜ…。

    その理由は、間柴のボクサーとしての大きな成長。あの暴力的でラフファイトも辞さない、危険な男だったはずなのに、今回の試合で見たものは、間柴という世界を代表するボクサーのカッコいい姿。まさかここまで成長できるなんて…。

    と、ここまでならおそらく多くの人が「かっこよかった」とか思ったと思います。しかしここの管理人、実は今週似ているようで似ていない、でも根本は似ている…ような、すごい胸熱展開を味わったんですよね。…あ、ここから最後までプロレスの話なんで興味ない人スルーしてOKです。

    そうです、新日本プロレスですね。現在新日本プロレスで、ジュニアの祭典「BEST OF THE SUPER Jr.26」が開催されているのですが、それに出場している選手に鷹木信悟とSHOがいるんですよ。ゴーテンイチサン(5月13日)に行われた試合は、自分がプロレスにガチハマりしてから一番の胸熱な試合でした。

    ちょうどプロレスをネット配信(新日本プロレスワールド)で毎試合見始めたのが、去年の10月ごろでしょうか…。このころ、新日本のマットにやってきたのが、他団体で大活躍していた鷹木信悟。その鷹木信悟とタッグ戦とはいえ何度も試合を行い、少しずつ因縁が生まれてきたのが、ROPPONGI 3KのSHO。

    とはいえ、キャリアも実力も鷹木信悟のほうがかなりの格上。事実、ピンフォールは奪ってないですからね。鷹木信悟的に見たらひよっこもひよっこ。しかし鷹木信悟に負けじとトライしていくSHOはどんどんと実力をつけていき、ついに鷹木信悟とのシングル戦。25分超えの試合を見たとき、マジで涙が出てきてしまいました…。

    片方は因縁、片方は遊び感覚で戦っていたかもしれないこの2人だけど、ゴーテンイチサンの試合が終わり、二人はライバル関係になったと思います。少なくとも、鷹木信悟は自分と同じ土俵に立った、今後何度も戦うであろう最大のライバルだと認識したはずだ。

    …とまあそんなことがあったわけで、「はじめの一歩」第1261話を見る前からかなり涙腺崩壊してたんですよね。そして「成長」とそれまでの「歴史」という重みを感じてしまうと、なおさら…だから、今回の「はじめの一歩」は、間柴の弱点克服という「成長」と、それまでにあった苦悩という「歴史」を感じたことが、ガチで自分の中に引っかかったってことか…。

    マジで暇あればプロレス話に持ち込むからトランキーロあっせんなよ状態なここの管理人なんだけど、今回だけは…今回だけは言わせてほしかった。マジで今週はすごい。いやはじめの一歩ってすごい良かった。

    はじめの一歩(124) (講談社コミックス)
    はじめの一歩(124) (講談社コミックス)
    森川 ジョージ
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 12:25▼返信
    自分もスカッとした
    2 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 12:37▼返信
    結末は最高なんだが沢村要素が最初から反則込みで戦う気だったって捉え方は未だに気に入らんわ…
    3 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 17:33▼返信
    沢村が足出したときに一歩が避けたの思い出したね
    4 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 17:37▼返信
    足を出したで思い出しましたが、
    宮田戦で劣勢になった後、宮田の足を踏んで逃げられなくして勝った人がいましたね。
    実に、卑劣な奴だ。
    5 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 19:32▼返信
    今週は本当に良かった!!
    最近の斜め下な展開で「真柴反則で負けるのか?」と負の信頼が出来ていた
    けれど、蓋を掛けてみれば真柴のボクサーとして成長し相手に慣れてからは圧勝だった
    6 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 20:01▼返信
    ほんとに今週は面白かった
    なんでこういう展開が主人公でかけないかなぁ
    7 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 21:14▼返信
    嘘だ、こんな気持ちのいい展開をジョージが描くもんか。
    一体誰が描いたんだ。
    8 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 21:39▼返信
    はよ終われよ
    引き伸ばしクソ漫画
    9 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 22:06▼返信
    今回は久しぶりに面白い試合だった。
    伊賀の噛ませにされるかもって俺も心配してたけど、間柴の過去とか成長が描かれてて、はじめの一歩らしい試合だったと思う。
    10 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 23:17▼返信
    というか、一歩の試合が酷い展開が多いだけで、一歩関連除けば普通に面白いのよな。(最近の鷹村もややキツイが、一歩よりマシ)
    11 おもしろい名無しさん 2019年05月15日 23:23▼返信
    ジョージまだ描けるじゃないか。ありがちな展開かもしれないけど凄く良かった。真柴キレる寸前からの大歓声でボクサーとしても人間としても成長した流れは感動した。
    12 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 07:05▼返信
    間柴の試合は外れなくて好き
    13 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 08:10▼返信
    主人公戦以外が面白い格闘漫画って結構多い。
    バキとか。
    14 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 08:43▼返信
    真柴が勝った瞬間ここの管理人が喜んでる姿を想像してガッツポーズしてしまった
    15 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 12:51▼返信
    管理人が病んでるセリフがなかったから今週はいい展開だったんだろうなと察したw
    16 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 19:10▼返信
    ※11
    腐っても鯛ってヤツだな今週回は
    17 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 19:35▼返信
    今回は正統派だったな
    18 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 20:24▼返信
    一歩が嫌いなのか主人公の成長はあまり描かないのな
    19 おもしろい名無しさん 2019年05月16日 22:01▼返信
    今回の試合は冗長にならずコンパクトにまとまっていて、それでいながら中身が濃く、間柴の成長が見事に描かれた試合だったと思う。
    しかし、一歩は格下相手に失神KO負けして引退し、宮田は噛ませ犬相手に大苦戦・・・。一歩も宮田も、間柴に追い越されてしまった感じだな。
    お次は千堂かな。
    千堂ゴンザレス戦実現させてほしいな~。
    20 おもしろい名無しさん 2019年05月17日 15:35▼返信
    このまま他キャラが勝利・もしくは人として成長していく展開で最終回を迎えてほしい
    これ以上幕ノ内一歩というイメージを壊すような展開はゴメンだし、泰平は論外
    あとはそろそろ青木にもビックイベントで勝たせてやってほしい
    21 おもしろい名無しさん 2019年05月17日 23:53▼返信
    サブキャラの方が遥かに成長してるのが悲しいな
    そういやヴォルグの時もそんなこと思った
    22 おもしろい名無しさん 2019年05月22日 20:14▼返信
    世界行ってる間に妹と一歩がデキちゃって死神に戻るパターンやろなぁ
    23 おもしろい名無しさん 2019年05月23日 21:11▼返信
    何で一歩でこういうスカッとする話を描いてくれないのかなぁ
    24 おもしろい名無しさん 2019年05月27日 21:20▼返信
    管理人さん、先週号の1262話は?
    ほんとに昇天しちゃった?

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)