なんだかおもしろい

    『はじめの一歩』第1263話、それがあったら勝てた…という話ですか?

    「はじめの一歩」感想レビューです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。

    『はじめの一歩』第1261話で私は泣いて昇天するしかなかった : なんだかおもしろい

    「はじめの一歩」感想レビューです。最新話の内容(ネタバレ)を含みますので、読む場合は自己責任でお願いします。5月22日、毎週チェックしていただきありがとうございます。第1262話の感想レビューは諸事情のため少し遅れます…。『はじめの一歩』第1260話で超感動…新

    『はじめの一歩』第1263話「弱点を乗り越えて」

    『はじめの一歩』第1263話

    週刊少年マガジン2019年26号「はじめの一歩」第1263話より

    すげー良かった第1261話…とはともかくとして、第1262話はいろんな件で先週読めなかったので…スルー。というわけにはいかないので…。まあアレです、第1262話は、間柴が大人になったなぁって。そして今後は世界に向けて動き出すぞっていうことを宣言しておりました。

    そんなわけで、素晴らしくも成長してくれた間柴に感動したのですが…ここで一歩、自分が負けた理由が分かったという。え?何?もしかして後悔してる?

    一歩に未練あり

    20190529_191905

    一歩の負けた理由…そんなんパンチドランカーだろ!って話なんですけれども、まあそれは後々で…。一歩と別れた木村・青木、そして弟子どもが一緒に居酒屋で飲む飲む。

    まずは、青木の狙っていた相手・伊賀のこと。こうなると青木は間柴狙いになるか…かと思ったらそんなことはなく、あくまで狙いは伊賀。そもそも伊賀としては、勝てば東洋太平洋王座、負ければ日本王座保持のまま、間柴が世界へ飛び立つので、伊賀的には全くもって損のない戦いだった。まあ間柴のとてつもない強さが分かった格の差感じる戦いを来場者に見せちゃったけどね!

    で、青木は伊賀を狙うのです。姑息…なんてとは思わない。むしろ今だからこそ、日本王者になるチャンス!青木にはがんばっていただきたい。

    …で、そのときに話に出たのが、一歩の話。一歩は今、未練でいっぱい。間柴などの試合を見て、ああこうすればいいっていろいろ学ぶことはあったはずだ。でもそれは活かせない。だって一歩、引退してんだもの。

    一歩、負けた理由は…

    20190529_191942

    最初の負け…伊達戦ではなくて、引退直前の2連敗の話。どうやら何かあるらしい…ってどう考えてもパンチドランカーの影響でおかしくなってたんじゃないの!?

    でもどうやら違うらしい。テンプシーロールを得てから、自分に失ってしまったものがある…と。

    おっベイベー、それはなぜか…じゃなくて、何なのか…そう、左のジャブらしい。

    この左ジャブ…相手に先手を打たせないという、そして相手を調子づかせないというパンチであり、たぶん使う相手の多くが信頼できる強力なパンチ、だ。でも一歩はテンプシーロールで潜り込むことばかり考えていたもんだから、後手。基本中の基本であるパンチが、できなくなってしまって…。

    と、一歩は後悔してるんですけど…言わせてもらっていいですか?それを指摘するのは会長の役目ちゃうんです?一歩は引退してすごく後悔している。たぶん今ならボクシングがしたくて仕方ないと思う。その気持ちは分かる。でも、もう引退したから気持ち切り替えないと…。で、それはそれとして、会長が指摘してればもしかしたら勝ててたかもしれない。

    …勝ててたかもしれないけど、パンチドランカーだから勝つ負けるとかそういう話じゃないって!一歩…自分はぶり返すだろうなぁって思ってたけども、やはりか…一歩が未練で苦しい思いし始めた。ここからが辛いぞ…。

    でも辛いけどもどうしようもないことなので、自分から言えることは「気持ち切り替えよう」そして「久美ちゃんに告白しよう」としか、ないです…。

    はじめの一歩(124) (講談社コミックス)
    はじめの一歩(124) (講談社コミックス)
    森川 ジョージ
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2019年05月29日 19:48▼返信
    結局アカンかったのは会長だったった結論にしかならんだろうな
    2 おもしろい名無しさん 2019年05月29日 21:12▼返信
    なんでもええからはよ終われ
    引き伸ばしクソ漫画
    3 おもしろい名無しさん 2019年05月29日 22:15▼返信
    いやいやいやいやいやいや。
    苦しいときにジャブで相手を突き放す凡百な選手なんて掃いて捨てるほどいるんだって。
    強い相手、大きな相手、目にも止まらぬほど速い相手、そんな強敵たちを相手に被弾を恐れず前に出たからこそ幕ノ内一歩は魅力あったんだし、皆から敬意を払われてたんでしょ?
    そしてそれは、鴨川会長の現役時代の姿そのものじゃないっすか。

    選手から指導者の目線に代わって、危なげなく勝つ方法に気づくとこまではいいけど・・・それを肯定しちゃったらこの漫画の全否定じゃんかよ。鴨川会長、言葉を選べよ?
    4 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 00:29▼返信
    今回の未練って深かったわ
    万事に通じる
    今までの面白くない流れが全て浄化されるほどに良かった
    5 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 00:31▼返信
    そして思い出してパンドラであることを忘れるんですね
    6 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 00:54▼返信
    ジョージ先生曰く「パンドラなんてボクサーにとっては冗談のネタ程度のもの。読者が深刻に受け止めちゃって困惑してる」らしいぞ。このインタビュー見たら何かバカらしくなって読むの止めちゃったよ
    したら途端に絶賛される試合描きやがって。ちくしょー
    7 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 00:59▼返信
    医者の診断では正常と言えるだったから
    は置いといて会長が判断ミスするのは毎度のことなんで気が付いてなかったんだろう
    8 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 01:03▼返信
    いやぁ最近一歩面白いなぁ
    9 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 01:07▼返信
    ウォーリー戦あたりから無能っぷりが
    酷かったけど、一応デンプシーに拘るなとか
    言ってはいたんだよなぁ
    一歩見てると言われたことしかしなくて
    最終目的を共有出来ない外注派遣を
    重ねてしまうのでイラつく
    10 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 01:11▼返信
    会長じゃなくて作者が悪いんだよ…

    海人対決のとき力の抜けた理想のベストショット一歩手前っての二回があって、練習のとき会長の手の甲に衝撃が突き抜けて、試合で魚の顔かなんか思い浮かべることで力抜けてタフネスうりの島袋に勝つきっかけパンチになって、これから一歩はパワーだけじゃなくその理想のパンチを手に入れる方向に向かうと思いきや、そんな設定あったっけ?知らんって状態に作者がしてしまったんでしょ。
    11 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 02:26▼返信
    キン肉マンでもあったね。強力な必殺技をどんどんと覚えた故にそれに頼り基本を忘れてしまっていた。強くなればなったでハマる落とし穴ってわけだ、だってそれで一発逆転できる勝てるってのがあるとちょっとの雑さはいいやとかってなりがちだもんね。
    12 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 05:27▼返信
    3敗目。新型を出すことに躍起になって「嫌です」とまで頑なに固執していたからな。たとえ負けてでも
    まぁ生来の性格的なところがあるので、固執しないようにする事自体無理だっただろう
    13 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 08:24▼返信
    >>3
    現役時代の会長の本来の姿は足やカウンターを主とした近代ボクシングですよ
    アンダーソン戦で特攻スタイルをしたのは技術比べでは本場には絶対勝てないから
    14 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 10:41▼返信
    >>3
    一歩はあんな特攻スタイルじゃなかったパンチドランカー疑惑にならなかったかもしれない
    15 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 12:30▼返信
    今週回を見て、1つ思ったことがある。
    『一歩とボクシングスタイルが似ている奴らは、最初に何を出していたんだろう』と。
    (千堂・今井・島袋など)

    千堂に対してこの疑問をぶつけたら『ワイを幕の内と一緒にすんなや!!』とか言い返されてキレそうだがw(自虐)
    16 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 12:59▼返信
    ジャブについての感想は「何を今更」なんだけど、
    なんていうか、ジャブも含めたここ最近の展開を見てたら。森川ジョージは5代目に引き継いだんじゃないかと思った。
    反則野郎を叩きのめしたのも、ジャブへの反省も、未練も、なんていうか先代ジョージのやった腐れ展開への罪滅ぼしというか。
    17 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 14:03▼返信
    会長はデンプシーじゃなくガード固めて細かく当てろみたいなこと言ってなかったっけ?
    18 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 14:57▼返信
    左のジャブを出せ小僧!
    この一言が助言できなかった若しくはしなかった会長は何を思うのか?
    19 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 15:51▼返信
    一歩のジャブってリーチがないし、
    空間の取り方も下手くそで当たらないから、
    何発か食らってでも強引にでも一歩の間合いに引き込む必要がある。
    だから、ガードを固めて突っ込むのだけど、
    それを一歩はジャブをないがしろにしたと勘違いしちゃってるね。
    20 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 15:52▼返信
    今後、仮に一歩が復帰してジャブを頑張ってもまた同じ事だよ。
    1:一歩のジャブが相手に当たらない。
    2:だから、ガードを固めて突っ込んで自分の間合いに引き込もう。
    3:ジャブをないがしろにしてるから、相手に先手をとられるんだ。ジャブ重視。
    で1に戻る。
    一度引退して外から見て分かったつもりでも、全く分かっていない。
    21 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 16:06▼返信
    一歩現役のコロは会長もデンプシーに夢見ちゃってたからねぇ
    デンプシーの完成進化こそが世界取りのカギくらいに
    22 おもしろい名無しさん 2019年05月30日 20:44▼返信
    必殺技のデンプシーにとらわれすぎて基本中の基本のジャブを忘れてしまっていたか
    まぁ懐に飛び込むために毎度毎度パンチ打たれまくってたしなぁ
    今更感はあるけど、言われてみると確かに感はあった
    23 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 10:05▼返信
    ずっと「一歩って殆どジャブ打たないな」とは思ってたからちょっと納得してる
    あと作者が一歩の試合を読み返してみてそう思ったのでは?とも考えた
    24 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 13:28▼返信
    「デンプシーロールに頼り過ぎていた」
    という理由で封印して
    基本を鍛える話を10年以上やってたはずなんだが
    今さらまた「デンプシーに頼り過ぎていた」だって?
    誰か一歩の頭のリセットボタン押したんですか?
    25 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 13:37▼返信
    いやいやいや
    リーチが短かくて差し合いで不利だからガード固めて潜り込む戦法を磨いて
    「純血のインファイター」目指したんじゃないの?
    ゴンザレス戦では接近できてないのに無駄に手を出してボコボコにされてたし
    ゲバラ戦では潜り込めてないのに新型デンプシーぶっ放して自滅してた
    一歩が忘れてたのは「ジャブ」じゃなくて「ガード」だよ
    26 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 14:01▼返信
    沢村戦を反省して唐沢戦でデンプシー封印、なのに武戦でデンプシーに頼ろうとしてしまう
    唐沢戦での一歩の覚悟が完全に無駄だったということ
    唐沢戦がピークでそれ以降全く成長していない
    27 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 16:04▼返信
    武はあまりにしぶとく、ケリをつけるだけだったからいいんじゃね?
    一歩がジャブ使ってた時期で、ジャブが通用したのは左があまり上手くない相手だけだぞ
    速水、ヴォルグにも差し合いにはなってたからリーチの割には凄いが、やはり完敗してる
    真柴とはリーチ差がありすぎて話にならず、千堂と島袋は完全に一歩のジャブを無視してつっこんできた
    世界上位ランカーになれるポテンシャルのあった選手にはジャブは一切通用してないし、ジャブはあまり使わないスタイルでいいだろ
    てか164センチの身長でジャブの差し合いは無謀
    28 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 17:18▼返信
    唐沢戦 64巻 今 124巻
    29 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 19:54▼返信
    リーチがない、アウトボクシングのテクニックもないからかいくぐるスタイルになったんじゃないのか
    それ以前に精神面の弱さ、ドランカー疑惑の症状、そもそも単純に脆くなってたのは何だったんだ
    30 おもしろい名無しさん 2019年05月31日 22:03▼返信
    負けたのをジャブのせいにしてるけどさ、ゴンザレスって、伊達も「一級品」と認めるほどの左の名手だったはずだぞ。
    そのゴンザレス相手に左の差し合いで勝てるわけないだろ。
    ゴンザレスを追い詰めることができたのは、強引に潜り込んでいくスタイルだったからこそだと思うんだが。
    31 おもしろい名無しさん 2019年06月01日 05:45▼返信

    一歩はデンプシーに縋ってた部分があるから、一概に会長の責任ってだけではないでしょ?

    32 おもしろい名無しさん 2019年06月02日 17:35▼返信
    いいんでない?一歩の間合い内での読み合いを有利にする為のってことなら
    ゴンザレス戦で思ったのはくぐった後の攻防で要は打ち合いで競り負けてたのがめっちゃ気になってたし。

    くぐってリバーブローの究極のワンパが究極でなくなった以上、詰めるまでのもう一手が必要。
    33 おもしろい名無しさん 2019年06月06日 15:26▼返信
    物語的な着地点がまるで考えてなさそう

    あしたのジョーだったらもうメンドーサ5回は倒してるところ
    34 おもしろい名無しさん 2019年06月15日 12:46▼返信
    会長もテンプシーロールも悪くは無いんだけど勝利にあと一歩足りなかったのは一歩が会長を信じすぎて自分で何も考えなかったからじゃないかな

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)