なんだかおもしろい

      TVアニメ化もされた『ディメンションW』約8年の歴史に幕 ガンガンの近未来SFが完結へ

      1

      岩原裕二さんの漫画「ディメンションW」が、本日6月25日に発売された月刊ビッグガンガンVol.07(スクウェア・エニックス)にて最終回を迎えました。

      「ディメンションW」は、2011年よりヤングガンガンにてスタートしたアクション作品。2015年までヤングガンガンにて連載され、2016年からは月刊ビッグガンガンへ移籍。約8年もの連載で、現在は第15巻までが発売されています。

      「ディメンションW」は、未来都市セントラル47を舞台にした「回収屋」キョーマと、その相棒の女性型アンドロイドのミラが活躍する近未来SF。2016年1月にはTVアニメ化がされていて、アニメ制作はStudio 3HzとORANGE、キャストではキョーマ役を小野大輔さん、ミラ役を上田麗奈さんが担当しています。

      「ディメンションW」最終第16巻は8月24日に発売。

      デジタル版月刊ビッグガンガン 2019 Vol.07 [雑誌]
      デジタル版月刊ビッグガンガン 2019 Vol.07 [雑誌]
      スクウェア・エニックス,めいびい,日向夏(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス),ねこクラゲ,七緒一綺,ビッグガンガン編集部
      ディメンション W 15巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)
      ディメンション W 15巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)
      岩原裕二

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)