なんだかおもしろい

    『シン・ウルトラマン』エヴァ・庵野秀明さんが企画・脚本の新作ウルトラマンが2021年公開

    20190801_123724

    「ウルトラマン」最新作は、庵野秀明さんが企画・脚本!円谷プロダクション、東宝、カラー製作の実写映画「シン・ウルトラマン」が2021年に公開されることが発表されました。

    「シン・ウルトラマン」は、樋口真嗣さんが監督として参加し、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明さんが企画・脚本として参加する新しいウルトラマン。脚本検討稿は2019年2月5日に脱稿とのことで、現在制作中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の完成後に本格合流、公開は2021年を予定しています。

    また、主要キャストも発表されていて、斎藤工さん、長澤まさみさん、西島秀俊さんが参加決定。

    「シン・ウルトラマン」は、1966年に放送された「ウルトラマン」を新たに映画化する作品。

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2019年08月01日 17:40▼返信
    多分後10年はエヴァ終わらんな
    2 おもしろい名無しさん 2019年08月01日 19:46▼返信
    庵野監督はエヴァが無くても飯が食えそうで何より。
    問題は監督以外でエヴァが無くなったら飯が食えない人間がごまんといることと見た。
    3 おもしろい名無しさん 2019年08月02日 19:08▼返信
    なんかウルトラマンnaの企画を庵野になんとか立て直してもらおうとしてる気がする

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)