なんだかおもしろい

    『はじめの一歩』舞台化!アニメで一歩を演じた喜安浩平さんが作・演出担当に

    1

    森川ジョージさんの作品「はじめの一歩」が、2020年1月に舞台化決定。舞台のタイトルは「リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!」。

    連載30周年を迎える「はじめの一歩」の舞台化では、作・演出を喜安浩平さんが担当。喜安浩平さんはTVアニメ版で主人公・幕之内一歩を演じています。TVアニメでは2000年より全75話を放送しており、ほかOVAやTVスペシャルとアニメ化展開を長く続けています。その主人公を演じる喜安浩平さんは2013年に映画「桐島、部活やめるってよ」で脚本でを担当し、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しています。

    原作・森川ジョージさんは「本日、情報解禁となりました。皆様よろしくお願いいたします。」とTwitterにてコメントをされています。

    「リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!」のキャスト及び上演時期などは未定。

    (c)森川ジョージ/講談社・ネルケプランニング

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)