なんだかおもしろい

    キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦:富士見ファンタジア文庫のファンタジー作品がTVアニメ化

    1

    KADOKAWAの富士見ファンタジア文庫のライトノベル「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」のTVアニメ化が決定しました。発表は10月20日に東京・秋葉原ベルサールで開催された「ファンタジア文庫大感謝祭」のステージイベントにて。

    「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」は、富士見ファンタジア文庫にて現在第7巻まで刊行している、細音 啓さんと 猫鍋蒼さんによるライトノベル。

    魔法と機械の戦争が続く世界を舞台に、帝国の剣士・イスカと、“魔女の国”ネビュリス皇庁の王女・アリスリーゼとの出会いから描かれるファンタジー。コミカライズではokamaさんが作画を担当し、現在ヤングアニマル(白泉社)にて連載中。

    TVアニメの放送時期や、スタッフ及びキャストなどはまだ発表されていません。

    キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 (富士見ファンタジア文庫)
    キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 (富士見ファンタジア文庫)
    細音 啓,猫鍋蒼
    キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 1 (ヤングアニマルコミックス)
    キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 1 (ヤングアニマルコミックス)
    okama,細音啓,猫鍋蒼

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    話題のニュース
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)