なんだかおもしろい

      TYPE-MOON展:Fate15年の軌跡をたどる展示会、武内崇さん描きおろしのセイバー、遠坂凛、間桐桜のビジュアルが解禁!

      1

      12月20日よりソニーミュージック六本木ミュージアムで開催される「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」より、各期間を代表する「セイバー」「遠坂凛」「間桐桜」の3人のビジュアルが公開されました。こちらはすべて武内崇さんによる描き下ろし(原画)、彩色・仕上げにこやまひろかずさん、彩色に縞うどんさんが参加しています。

      2

      第1期”Fate”2019年12月20日(金)~ 2020年1月20日(月)

      3

      第2期“Unlimited Blade Works” 2019年1月23日(木)~ 2020年2月24日(月)

      4

      第3期“Heaven’s Feel” 2020年2月27日(木)~ 2020年4月5日(日)

      「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」は、2019年12月20日よりソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催。、第1期”Fate”が12月20日から2020年1月20日まで、 第2期“Unlimited Blade Works”は1月23日~2月24日、第3期“Heaven’s Feel”が2月27日~4月5日開催予定。チケットは前売券で2300円、当日は2500円。Fateの15周年を記念した、15年もの軌跡をめぐる貴重な展示会、興味ある方は是非ともチェックを!

      Exhibition Outline

      TYPE-MOONと「Fate/stay night」が描いた15年の筆跡 2004年1月30日に発売された一本のPCゲーム「Fate/stay night」。 人々に衝撃と感動を与えたこの作品は、 2005年にファンディスク「Fate/hollow ataraxia」を発売。 2006年にTVアニメ化、2010年には劇場アニメ化を果たした。 さらに2014年に再びTVアニメ化、2017年にも劇場アニメが 作られるなど、以後も果てしない軌跡を描き続けている。 世代を越え、性別を越え、なお熱狂的なファンを増やし続ける本作。 その歩みや世界観を体感できる展示会が、ついに開催。歴史はここに集約し、新たなる歴史が始まる。

      © TYPE-MOON All Rights Reserved.

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      話題のニュース
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2019年10月27日 15:37▼返信
      なんつうか…武内って全然進歩しないな

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)