なんだかおもしろい
肦ƃoi[2

    攻殻機動隊 SAC_2045:キャストにオリジナルメンバー、田中敦子さんや大塚明夫さん、山寺宏一さんらが登場 

    アニメ「攻殻機動隊」最新作となる、2020年4月にNetflixで全世界独占配信が行われる「攻殻機動隊 SAC_2045」のメインキャストとともに、予告編が公開されました。

    予告編では、シリーズ史上初のフル3DCGアニメーションの映像が披露されており、お馴染みの草薙素子やバトーら公安9課のメンバーが総登場。さらにボイスも入っていて、懐かしさを覚えます。

    キャストでは、「攻殻機動隊S.A.C」シリーズのメンバーが集結。草薙素子役は田中敦子さん、バトー役は大塚明夫さん、トグサ役は山寺宏一さん、荒巻大輔役は阪脩さん、イシカワ役は仲野裕さん、サイトー役は大川透さん、パズ役は小野塚貴志さん、ボーマ役は山口太郎さん、タチコマ役は玉川砂記子さんが担当します。

    監督は神⼭健治さんと荒牧伸志さんのタッグ、オープニングテーマはmillennium parade「Fly with me」に決定。millennium paradeを主催する常田大希さんは「攻殻機動隊の主題歌を作って欲しいというオファーを頂いた時、身体中の血が湧き上がったのを今でも覚えている。 なぜなら俺たちがmillennium paradeで作ろうとしている世界観は攻殻機動隊から多大なる影響を受けているから。 二つ返事でやらせて欲しいと伝えた」とコメントをされています。

    「攻殻機動隊 SAC_2045」情報

    あらすじ

    2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。 だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来―。 内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。 電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。 そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。 彼らは如何にして生まれたのか、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される―。

    スタッフ

    原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
    監督:神山健治 × 荒牧伸志
    キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
    音楽:戸田信子 × 陣内一真
    オープニングテーマ:millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045 「Fly with me」
    音楽制作:フライングドッグ
    制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
    製作:攻殻機動隊2045製作委員会

    キャスト

    草薙素子:田中敦子
    荒巻大輔:阪脩
    バトー:大塚明夫
    トグサ:山寺宏一
    イシカワ:仲野裕
    サイトー:大川透
    パズ:小野塚貴志
    ボーマ:山口太郎
    タチコマ:玉川砂記子

      

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)