なんだかおもしろい
肦ƃoi[2

    喧嘩稼業:103話、みんなすげェ意識してるけど…関って強いの?

    前っていつだったっけな…2ヶ月前だと!?…ということで、喧嘩稼業感想レビューです。一応、ネタバレを含むので読む場合は注意してください。

    喧嘩稼業:102話、最強の男・田島にとんでもねェとんでもねェマジかこれとんでもねェ!!!!! : なんだかおもしろい

    ああああああああああああああああああ今回やべええええええええええええええええええええええええ○○しそう。ということで、喧嘩稼業感想レビューです。一応、ネタバレを含むので読む場合は注意してください。喧嘩稼業:101話、想定外のことが起こってるけどラグビー超

    103話

    最近木多先生のツイッターがたまらなく好きだけど、だからといって更新頻度にアレやコレやと言うことは決してしませんが…。あ、言ってみただけです。

    …とにかくですよ。今!やべェの!だってさ、あの田島に煉獄入れちゃったんですよ!それも伏兵中の伏兵、山本空くん。山本陸こそすげェが、息子たちはそれほど…少なくともトーナメントに出ているメンバーより3ランク以上格下なイメージだった。それがちゃんと煉獄当てちゃってるんだもの。

    不意打ちだけど田島に当てるとか大したもんですよ。そして煉獄は劇中最強の技とも言われていて、どんなにすごい奴でもまともに受けてしまったら回避ができない…。それを格下の空くんが格上中の格上の田島に…効くんか!?

    …気になるところだけど、今回はその続きはあんま描かれていないです。とりあえず確定したことは、空くんの煉獄より肘打ち、両手突き、手刀はヒットしたことと、田島は明らかに防御態勢ではなくダメージ受けた顔してることを考えると…これは効いてるな。…田島がどうなってしまうのか気になります!…まあその続きは次回ね…。

    佐川兄の試合がもうすぐ始まる…

    20200224_215400

    喧嘩稼業 103話

    喧嘩稼業に入ってからずっと疑問に思っていた試合がついに始まりますね…。関修一郎VS 佐川睦夫

    陰側の人間同士が戦った梶原VS工藤、未来ある?若者同士の戦いだった佐川弟VS十兵衛、因縁めいたもの同士の対決であり最強と思われた櫻井を楽した文さん、パワー対決すぎた金隆山VS川口、そして達人同士の対決である芝原VS上杉…。

    近い遠いという部分はあれど、どこか似ている部分があるというか、この戦いは必然だった…みたいなものを感じるのですよ。今までの試合は。

    ところが今回は違います。接点ないし、陽側の中でも最も眩しい男と、陰側でも最も暗い男の戦い。超有名人の関とどう考えてもやべェ佐川兄の試合が、始まるのです。

    この試合組まれたとき、真っ先に思いました。「これ佐川兄がやらかすぞ…」と。関が佐川にボロ負けする恐ろしい試合展開を考えてしまいました。

    …普通じゃないねん!佐川兄は!

    …しかし、十兵衛たちは関のほうが脅威と感じているみたいで、佐川兄のサポートをしている。今回の場合、リング内に盗聴器が仕掛けられているから気をつけろと言って、リング内をすまなくチェックさせて…実はリング内に硬いフォークを設置させていて、武器使いに長けた佐川兄に有効に使ってもらおうと考えている。

    いや…確かに関はフィジカルヤバそうだけど佐川兄のほうがやばくね?マジもんだと一度感じてるでしょ十兵衛は…。想定通り動いてくれるはずがないって少しでも頭をよぎってなかったのだろうか…。佐川弟だと思われちゃってる十兵衛、むしろ試合放棄して十兵衛に襲いかかってくる可能性だってあるんやぞ!そのときフォーク持ってたらヤバいでしょ…。

    …と、いつにもなく十兵衛の心配をしてしまう自分でした。

    さらに十兵衛の策略が続く…

    20200224_215517

    ドラゴンリングイン

    ドラゴン…川上竜を召喚してぶつけた。精神的にも相当ヤバい村上をけしかけ、関のセコンドの村井を襲わせる作戦。このときにあわよくば関にもダメージが与えられれば…

    20200224_215725

    まだ違和感感じてる

    十兵衛…いや、ほかの人もどうしてこんなに関にビビっているのだろうか…。スポーツマンじゃなくなった関を相手にするのはヤバい…かもしれないけども、そんなにヤバいもんなの?

    自分が関を過小評価してるのか、十兵衛たちが関を過大評価しているのか…その結果がようやく分かるぞ…。田島も気になるが、関の強さも気になるぜ。

    喧嘩稼業(12) (ヤングマガジンコミックス)
    喧嘩稼業(12) (ヤングマガジンコミックス)
    木多康昭
    喧嘩稼業(1) (ヤングマガジンコミックス)
    喧嘩稼業 1~
    木多康昭
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2020年02月27日 22:37▼返信
    十兵衛並の反則野郎の金田が反則使う間も無く瞬殺されるくらいだし、最強候補なのは間違いないのでは?
    どんな奇策を用意しても一瞬で決められたら終わりだから陰側にとって最注意な相手じゃない
    また競技人口や大会規模を考えるとワンデートーナメントの経験は関が断トツで、実戦機会の少ない陰側の人よりも負傷状態での連戦に慣れてる選手は後半ほど怖いと思う
    2 おもしろい名無しさん 2020年03月01日 05:44▼返信
    キン肉マンのジャスティスマンみたいに
    心技体を極限まで極めて隙が無いタイプだからじゃね
    3 おもしろい名無しさん 2020年03月01日 12:25▼返信
    あれだけの柔道家でしかも七帝柔道経験者でバリバリ寝技もできる奴が目潰しや躊躇なく絞め殺そうとしたり頸椎ネジ折ってくるならかなりヤバいと思いますよ。
    一瞬で絞め落とされたらその後抵抗できないので無防備に死ぬだけですし、抑え込まれたらまず逃げれないでしょうし。
    4 おもしろい名無しさん 2020年03月04日 17:36▼返信
    だいぶ前に作中で言ってるけど表のは正々堂々が基本だから裏の人間より基本スペックは高い
    その中でもトップクラスの基本スペックを持つ関は表の戦い方しかしない内に負傷させとかないと文さんでも手に負えなくなる

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)