なんだかおもしろい

    半妖の夜叉姫:犬夜叉のその後、娘たちの新たな伝説がアニメ化

    1

    マンガ「犬夜叉」に登場する殺生丸、そして犬夜叉の娘たちがメインキャラクターとなる「半妖の夜叉姫」のTVアニメ化が決定しました。2020年秋に押送を予定しています。

    高橋留美子さんが週刊少年サンデーにて連載していた人気作「犬夜叉」。その主人公・犬夜叉の異母兄である殺生丸との物語から時が流れ、兄弟の娘たちによる伝説が始まります。

    アニメでは、「犬夜叉」のアニメを手掛けたスタッフが集結。また制作はサンライズが担当します。

    高橋留美子さんは「3人のヒロインそれぞれ、とても魅力的に仕上がっています。 彼女達がどんな冒険の旅をするのか私もとても楽しみにしています」とコメントをされています。

    そして、半妖の夜叉姫」放送決定を記念し、サンエーうぇぶりで「犬夜叉」全話を無料配信決定。558話が5月15日まで読み放題となっています。

    「半妖の夜叉姫」情報

    あらすじ

    とわ、せつな、もろはは、妖怪と人間の血を引く半妖はんようの少女たちだ。 幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。とわは、時代樹じだいじゅの時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代へとタイムスリップ。かごめゆかりの日暮ひぐらし家の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀こはくの下で妖怪退治を生業にしていた。もろはは、かごめと犬夜叉いぬやしゃの娘。賞金稼ぎとして「化ばけ殺ごろしのもろは」の異名を取り、やはり妖怪退治に明け暮れている。 とわとせつなが別れ別れになってから、10年。時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれた。現代に現れたせつなと再会するとわだったが、せつなは何故かとわのことを忘れてしまっていた。 せつなと共に、現代にやって来たもろはも加わり、とわたち「半妖はんようの夜叉姫やしゃひめ」が、現代を、そして戦国時代を、縦横無尽に暴れ回る!

    放送日時

    2020年秋

    スタッフ

    監督:佐藤照雄
    シリーズ構成:隅沢克之
    メインキャラクターデザイン:高橋留美子 
    アニメーションキャラクターデザイン:菱沼義仁
    音楽:和田薫
    アニメーション制作:サンライズ
    製作:サンライズ、小学館、読売テレビ

    ©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

    誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

    YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


    中の人のつぶやきはこちら!


    関連リンク
    • この記事をツイートする

    • この記事をいいね!する

    • この記事をはてブする

    おすすめ記事

    コメント

    1 おもしろい名無しさん 2020年05月11日 18:04▼返信
    キャラクターデザインいいね
    1人くらい男の子がほしかったけど楽しみ

    コメントをどうぞ

    誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
    早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
    (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)