なんだかおもしろい

      バキ道:61話、独歩ちゃんは抑えが効かないのだ

      バキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意してくださいね。

      バキ道:60話、バキを驚かせた独歩の相撲がついに見れるぞォ! : なんだかおもしろい

      次の試合、ベテラン対決…!バキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意してくださいね。バキ道:59話、決着ッッ!つまりは相撲はすげェってこと! : なんだかおもしろいさあ、試合が終わったわけですが…バキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意

      第61話「至福」

      独歩vs猛剣が始まる。その戦い、独歩ちゃん的にはすげェ興奮しているみたいだ。

      というのも、相手は格闘技界でも歴史が最も古いものの1つであり、日本では非常に格式高いもの。最高級ブランドといってもいいあの大相撲がいる。

      かたや、空手というものはまだまだ歴史が浅い。100年以上はあるだろうけども、それでも相撲とは比較にならない。相手を殴って倒してを繰り返してきた空手だけど、相撲はそれを古代からずっと続けてきている。

      そんな大相撲とバチバチ戦える独歩ちゃんは、そりゃあもうテンション上がってるわけですよ!…と、ここで思ったことは、独歩ちゃんって今まで相撲と戦ったことないのかな?

      確かに、相撲と戦ったことがあるといえば、金竜山と戦ったことがある本部と猪狩。本部は圧倒的パワーに負け、猪狩は勝ったものの勝ったと呼んでいいのか分からない試合だった。…そう考えると、大相撲に勝利できたってのは範馬勇次郎だけだったというわけか。

      20200521_184127

      バキ道:61話

      …ああそうか、相撲ってそんな負けてないんですよね。やっぱ、曙の印象が強いけども、バキの世界だったら別にそんなことはないんだ。

      相撲は弱い…という前提の思い込みがあったから分からんけども、それがなかったら…相撲と戦えるってすげェテンション上がるわな。それも、独歩ちゃんが初めて戦うんならなおさら…。もしくは、あの太った相撲のやつらをボッコボコに血まみれにしてェと思ってるかもだけど。

      独歩ちゃんに異変!?

      20200521_184446

      独歩ちゃん抑えが効かなすぎだろォ!

      さあ、いざ試合開始…まずはゆっくりと攻め…かと思いきや、真っ先に突撃そして額に正拳突き!不意打ちに近いとはいえ、額に拳はダメでしょ…あなた、マホメド・アライJrのパンチを額で受けて破壊したじゃないですかー自分がそれやられたらどうするの!?

      …いやでも、独歩ちゃんいやにテンション高いから仕方ねェ…これほどテンション高いのって初めてなんじゃないだろうか。いやいたね…あのピョンピョン飛ぶ大統領ボディガードくん。あのときもテンション高くなって試合開始と同時に背後入ったもんね。

      とにかく、先制攻撃をしかけたらすぐに連打連打、相手に全くスキを与えない攻撃。…あれ?もしかしてもう勝負…あり?

      バキ道 5 (少年チャンピオン・コミックス)
      バキ道 5 (少年チャンピオン・コミックス)
      板垣恵介
      バキ道 1 (少年チャンピオン・コミックス)
      バキ道 1~ (少年チャンピオン・コミックス)
      板垣恵介
      • この記事をツイートする

      • この記事をいいね!する

      • この記事をはてブする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2020年05月22日 07:24▼返信
      10秒の密度まだ?
      2 おもしろい名無しさん 2020年05月23日 11:39▼返信
      いくら相撲上げにしても独歩の連撃あれだけくらって無事なわけない
      1の拳だか菩薩の拳だか使ってさっさとトドメさしなさい
      3 おもしろい名無しさん 2020年05月23日 21:52▼返信
      地下闘技場なら力士はいたし、
      マッチメイクしてもらえそうなものだけどねぇ。
      思った以上に試合するのは難しいものなのだろうか・・・。

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)