なんだかおもしろい

      「べるぜバブ」作者新作はハートフルハードボイルド 「灼熱のニライカナイ」がジャンプでスタート

      写真 2020-06-27 8 24 36

      「べるぜバブ」の田村隆平さんがジャンプに帰還!6月27日発売の週刊少年ジャンプ30号で、新作「灼熱のニライカナイ」がスタートしました。

      「灼熱のニライカナイ」は、新宿で刑事として活動していた鮫島が、小笠原へ左遷させられてしまうところから始まる作品。田村隆平さんはTVアニメ化もされた「べるぜバブ」を2009年~2014年、「腹ペコのマリー」を2017年に週刊少年ジャンプで連載していて、約2年半ぶりのジャンプ連載になります。

      「海と少女と刑事と!ハートフルハードボイルド開幕!」と紹介された新作は、ジャンプ4号連続新連載の3作品目。第1弾では「To LOVEる-とらぶる-」「ダーリン・イン・ザ・フランキス」矢吹健太朗さんによる「あやかしトライアングル」、第2弾では上木敬さん「破壊神マグちゃん」がスタートしました。

      腹ペコのマリー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      腹ペコのマリー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      田村隆平(著)
      べるぜバブ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      べるぜバブ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      田村隆平(著)

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2020年06月27日 11:04▼返信
      べるぜバブの葵
      2 おもしろい名無しさん 2020年06月27日 13:27▼返信
      また子連れ狼物語かいw
      3 おもしろい名無しさん 2020年06月28日 11:11▼返信
      「べるぜバブ」は、川を流れてきたオッサンを割って赤ちゃんと出会うまでが、
      お披露目時期の2009年ごろの世相と似てるけど、その後がダメ、全然2009年らしくない。
      「腹ペコのマリー」は、お披露目が約1年遅い。
      お披露目時期と作品内容の相性ってあるんかね。

      ちなみに、ドラゴンボール、黒子のバスケ、
      ワンピース、ナルトなどは作者が生まれた時期、
      集英社が創業した時期も考慮したような、
      出来すぎたベストな時期にお披露目できてて怖い。

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)