なんだかおもしろい

      ましろのおと:津軽三味線テーマの月マガ長期連載マンガが2021年TVアニメ化

      1

      マンガ「ましろのおと」のTVアニメ化が決定しました。放送は2021年4月よりスタート。

      スタッフやキャスト情報も解禁。主人公の澤村雪役は島崎信長さんが担当。島崎信長さんは「軽三味線を中心に、主人公・澤村雪が一人の人間として、そして一人の奏者として成長していく様がとても興味深く、面白いです。個人的には役者として共感する部分も多く、胸が熱くなります」と作品への想い、そしてキャラクターの印象について「一言で言うと、田舎で育まれた真っ白な天才という印象でしょうか。そんな彼が都会に出て、たくさんの出会いを経て、どんな彩りを生んでいくのか、楽しみにしていただけたら幸いです」とコメント。

      監督は赤城博昭さん、 シリーズ構成は加藤環一さん、 キャラクターデザインは真島ジロウさん、 津軽三味線監修として吉田兄弟が参加。またアニメーション制作はシンエイ動画が手掛けます。

      2

      「ましろのおと」は、羅川真里茂さんが描く津軽三味線をテーマにした作品。月刊少年マガジン(講談社)にて連載中で、現在は第25巻まで発売中。

      アニメについてはティザービジュアルのほか、ティザーPVなどが解禁中。

      TVアニメ「ましろのおと」ティザーPV

      公式Twitter

      アニメ情報

      イントロダクション

      「俺の、音――」 伝説的な腕を持つ、津軽三味線の奏者・澤村松吾郎。彼を祖父に持つ少年・澤村 雪は、祖父の死をきっかけに、三味線を弾けなくなった……。
      ”好きな音”を失い、アテもなく上京する雪。
      キャバクラで働く女性「立樹ユナ」に助けられた雪は、ライブの前座として津軽三味線の演奏を披露することになる。
      雪は、様々な出会いを、想いを三味線の音色にのせて弾く。
      自分の音を、自分の想いを探しつづけて――

      スタッフ

      原作:羅川真里茂(講談社「月刊少年マガジン」連載中)
      監督:赤城博昭
      シリーズ構成:加藤環一
      キャラクターデザイン:真島ジロウ
      津軽三味線監修:吉田兄弟
      アニメーション制作:シンエイ動画

      キャスト

      澤村 雪:島﨑信長

      ©羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会

      ましろのおと(25) 【羅川真里茂画業30周年記念イラストペーパー付き】 (月刊少年マガジンコミックス)
      ましろのおと(25) 【羅川真里茂画業30周年記念イラストペーパー付き】 (月刊少年マガジンコミックス)
      羅川真里茂(著)
      ましろのおと(1) (月刊少年マガジンコミックス)
      ましろのおと 1~
      羅川真里茂(著)

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)