なんだかおもしろい

      新テニスの王子様:最新話で幸村に異変!?一体どうなってしまうんだ…

      新テニスの王子様感想レビューです。最新話のネタバレを含むので読む場合は注意してください。

      新テニスの王子様:最新話で手塚がとんでもない理解不能な技を炸裂!こんなの…どうしたらいいんだ… : なんだかおもしろい

      2020年もいよいよ後半戦!ですが、7月4日発売の「ジャンプSQ.」掲載の『新テニスの王子様』はまだまだ激闘の序章が続いています!蜃気楼のように翻弄する幸村が、多彩な攻撃でついに手塚攻略…!?そして、手塚のドイツ代表入りの秘話が明らかに…!?テニプリ史上最大ボリューム

      307話「プロへの階段」

      20200805_230128

      手塚の新たなる技…至高のゾーン。表裏一体の複合回転ってことなんだけども、常人には理解できない回転で、手の出しようがない。返せる気が全くしない。…さらにドイツでトレーニングしたことで、腕への負担はもうなくなった。むしろ腕が強化されてしまい腕を壊すといった作戦も通用しないッッ!

      この手塚を、幸村は対応できるのだろうか…

      20200805_230116

      しまった零式サーブがあった!

      天衣無縫の極みが最強だとか言われてるけど、とんでもない!とんでもない破壊力よりも、物理的ルール的に絶対に返せない零式サーブのほうがよっぽどヤバイって!こんなんどう考えたって返せねェ!その上、腕の負担に強くなったんでしょ!?こんなん毎回のサーブで零式されて…あれ?勝てなくね?

      308話「勝者に吹く風は優しく」

      零式サーブを問答無用で使ってくるこの状況…もし対応できるとしたら、手塚のスタミナ切れを待つしかない。しかし、病み上がりから少し経って本調子に入りかけたくらいの幸村は、スタミナ勝負で戦えるのだろうか…

      20200805_231737

      イップスだと!?

      手塚に長期戦を挑み、五感を奪っているのか!…いや天衣無縫の極みの効果で一時的に五感奪えてもすぐ復活してしまう…!つまりこの戦いは、一瞬でも五感を奪ってのチャンスを狙うってことか!…五感奪えたら幸村の勝ち、奪えずスタミナ切れしたら手塚の勝ち…か!

      …この激しい戦いを見たことで、あの切原の心にも火がついた。立海大付属の部長として、次期エースへ希望と未来を導いてくれたのか…!

      309話「未来」

      そしていつものマッチポイント…これで勝者が決定する。

      …すごく冷静になって考えてみたら、高校生までの世界大会において、日本人の中学生が出場したのではなく、日本人の中学生同士が準決勝で戦っているという事実。

      これだけでも日本人としてとても誇らしい!誇らしい…が、残念なことに勝者は1人しかいない。果たして、どちらが勝利できるのだろうか…。と、ここで幸村が…覚醒!手塚にネットにかかるという未来を見せつけ、それを現実とした。五感を奪う幸村が、なんと手塚の未来を奪ったのだ!

      ここへきて、まさかまさかの幸村の進化。幸村が不利に思われたが、土壇場で幸村の勝利が、見えてきた。…これ、手塚に勝利できるんでは!?

      新テニスの王子様 30 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      新テニスの王子様 30 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      許斐剛(著)
      新テニスの王子様 1~27 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      新テニスの王子様 1~
      許斐剛
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2020年08月07日 02:20▼返信
      なんで自分より優勢な相手をイップスに出来るんだ
      テニプリ理論で点を取れないからって設定だったがゆっくりでも点を重ねてたじゃねーか
      2 おもしろい名無しさん 2020年08月10日 20:04▼返信
      幸村は以前も視覚を封じて手加減してる相手を相手が本気出す前に五感奪って即死させたし
      実力差に相手が絶望して五感無くすとか絶対嘘っぱちやで

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)