なんだかおもしろい

      バキ道:70話、花山がやべェッッ もうこの勝負、勝てないだろ…

      バキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意してくださいね。

      バキ道:69話、勝負ありなのかッッッッッ!? : なんだかおもしろい

      バキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意してくださいね。バキ道:68話、花山薫VS鯱鉾、超握力VS角界の打撃系、勝負になるのかッッ!? : なんだかおもしろいバキ道話感想レビューです。ネタバレあるので読むの注意してくださいね。バキ道:67話、次なる戦い

      第70話「あの子だッッ!!!」

      20200903_203205

      バキ道:70話

      どうしよう…と困惑しちまってる。花山VS鯱鉾の試合が、もう終わりそうな流れに…。

      何が起きたかというと、花山のモーションバレバレ、上半身ひねってとにかく当たるの二の次三の次にしてパワーだけで勝負決めるゴリ押し戦法に、真正面からぶつかってしまったこと。いや真正面からぶつかったんじゃない…ノーガードでふっ飛ばされたというのか。

      思いっきり吹っ飛んで、倒れた。あの力士が…倒れない強さというものを見せつけてくれた力士が、簡単に背中をつけて倒れてしまった。鼻血はまあ仕方ない。鼻が潰れてしまったのは仕方ない。…でも簡単に倒されちまうのはいかがなもんかッッ!

      花山が強かったというのと、鯱鉾が弱かった…いやこの時点で弱いというのは決めつけが早い。ただ心構えが…打たれる覚悟ができてなかっただろこれェ!…どこぞのアライさんJr路線入ったかもしかして…。

      思い出すあの怪物

      凛と立つ花山と、血を垂れ流す鯱鉾…この光景を見て、大相撲の理事長と金龍山によぎった過去の記憶…まさか、鯱鉾は血まみれになったときにとんでもねェ力を出すのかッッ!?実は隠れた鯱鉾の強さが明らかになるのか…

      20200903_203437

      って花山の学生時代かよッッ

      …かつて大関”雷王”だった浪速親方。沼尾武志という、バキ好きにはどこか聞き覚えのある名前とともに、その男と同じ学校にいた怪物…いや大怪獣に、雷王は投げられてしまった。それも片手で。

      その強さを聞いた金龍山は、相撲スカウトをしようとするも、顔に傷だらけ、そして入れ墨…ザ・ヤクザな存在の花山のスカウトは諦めましたとさ。…なんて、そんな過去があったそうな。つまり、若くして(まだ若いけど)花山は、相撲選手としての才能はあったのだッッ!

      この話は「バキ外伝 創面」2巻に掲載されてるんでみんな読もうぜ!…ということは、もしかしてグランドマスターさん本家登場フラグ立った?骨刺さっちゃったけど、きっとGMさん強いはず…だから…。

      バキ道 6 (少年チャンピオン・コミックス)
      バキ道 6 (少年チャンピオン・コミックス)
      板垣恵介(著)
      バキ道 1 (少年チャンピオン・コミックス)
      バキ道 1~ (少年チャンピオン・コミックス)
      板垣恵介
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2020年09月05日 13:04▼返信
      その前に金龍山、最大トーナメントで、面識あるやろ。もうめちゃくちゃやな。
      2 おもしろい名無しさん 2020年09月05日 17:43▼返信
      相撲アゲるために話の整合性、パワーバランスがメチャクチャになってる
      3 おもしろい名無しさん 2020年09月07日 02:52▼返信
      相撲が弱いと表現したいのか、強いと表現したいのかさっぱり分からんぞ。

      力士の持ち味が違うから、単純に比較はできないが、
      大関<(独歩、渋川)<<<<<<<花山 
      って所か?

      まあ、間違ってはなさそうだな。

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)