なんだかおもしろい

      月とライカと吸血姫:林原めぐみさんが主役の吸血鬼少女を担当!宇宙舞台の小説がTVアニメ化

      1

      ガガガ文庫刊行の小説「月とライカと吸血姫」のTVアニメ化が決定。主人公・イリナ・ルミネスク役を林原めぐみさんが担当するなど、アニメ情報が一挙発表されました。

      「月とライカと吸血姫」は、牧野圭祐さん原作、かれいさんイラストによるライトノベルで、2016年より刊行するファンタジー。有人宇宙飛行が成功していなかった時代、有人飛行実験で呼ばれた吸血鬼のの少女イリナ・ルミネスクと、彼女を訓練することになる青年レフ・レプスが、ともに宇宙を目指します。

      林原めぐみさんのほか、レフ役を内山昂輝さんが担当。また日野聡さんや小松未可子さん、木野日菜さんの参加が決定。そして監督は横山彰利さん、 シリーズ構成は牧野圭祐さん、 キャラクターデザインは加藤裕美さん、制作はアルボアニメーションが担当します。林原めぐみさんが声を入れるアニメPVは現在解禁中。

        

        

        

        

      アニメ情報

      あらすじ

      世界大戦の終結後、世界を二分する超大国、東のツィルニトラ共和国連邦、西のアーナック連合王国は、その領土的野心を宇宙へと向けた。 両国は熾烈な開発競争を繰り広げ、そして今―― 東歴1960年。共和国連邦最高指導者ゲルギエフは、成功すれば人類初の快挙となる有人宇宙飛行計画『ミェチタ(夢)計画』を発令する。 そんな折、宇宙飛行士候補生の補欠、レフ・レプスは、ある極秘任務を命じられる。 『ノスフェラトゥ計画』――有人飛行に先立つ実験として吸血鬼を飛ばす計画――その実験体、イリナ・ルミネスク を24時間監視し、訓練で鍛えろというのだ。 レフとイリナ、人間と吸血鬼、監視役と実験体――種族の壁や国家のエゴに翻弄されながらも、宇宙への純粋な想いを共有し、2人は共に宇宙を目指すこととなる。

      スタッフ

      原作/牧野圭祐「月とライカと吸血姫」(小学館ガガガ文庫刊) 
      キャラクター原案/かれい
      監督:横山彰利
      シリーズ構成:牧野圭祐
      キャラクターデザイン:加藤 裕美
      美術監督:金子雄司
      制作:アルボアニメーション

      キャスト

      イリナ・ルミネスク:林原めぐみ
      レフ・レプス:内山昂輝
      ミハイル・ヤシン:日野聡
      ローザ・プレヴィツカヤ:小松未可子
      アーニャ・シモニャン:木野日菜

      ©牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

      月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上 (ガガガ文庫)
      月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上 (ガガガ文庫)
      牧野圭祐(著), かれい(イラスト)
      月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)
      月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)
      牧野圭祐(著), かれい(イラスト)

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2021年03月17日 20:00▼返信
      キャラデザ変わりすぎてて草
      2 おもしろい名無しさん 2021年03月17日 20:43▼返信
      いやぁ林原はキツいっす
      3 おもしろい名無しさん 2021年03月17日 21:00▼返信
      ※2
      まさにそれ

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)