なんだかおもしろい

      庵野秀明展:国立新美術館で開催 アニメーター時代から生まれた多彩な制作資料を展示

      1

      「シン・エヴァンゲリオン劇場版」監督・庵野秀明さんの展覧会「庵野秀明展」が、10月1日~12月19日までの期間で東京・国立新美術館で開催されることが発表されました。

      「庵野秀明展」は、アマチュア、アニメーターの時代から、監督、プロデューサーとして活躍する最新の仕事までを網羅し、創作活動の秘密に迫る展覧会。

      庵野秀明さんといえば、最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が公開84日で563万人の動員、興行収入は86億円で、さらに記録を伸ばし続けています。

      展示では、自身の原点となった「アニメ」「特撮」作品の貴重な原画やミニチュア、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモやイラスト、脚本、設定、イメージスケッチ、画コンテ、レイアウト、原画からミニチュアセットに至るまで多彩な制作資料を展示予定です。

      動画

      Twitter

        

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)