なんだかおもしろい

      逆転世界ノ電池少女:10月にTVアニメ放送 令和が訪れない日本を描いたサブカルアニメ

      1

      オリジナルアニメ「逆転世界ノ電池少女」が、2021年10月より放送されることが発表されました。合わせてティザービジュアルやPV、メインキャスト、キャラクタービジュアルなどが一挙解禁。

      「逆転世界ノ電池少女」は、西暦2019年、改元を目前としたものの天地逆転した異世界「真国日本」が現れ征服、そして令和という時代が訪れなかった日本を舞台に、サブカル文化を守るため真国に真っ向から抗う集団・アラハバキ、主力兵器「ガランドール」を動力源に戦う電池少女を描いた作品。

      監督は安藤正臣さん、 シリーズ構成は上江洲 誠さん、 キャラクター原案は渡辺明夫さん、 キャラクターデザインは黒澤桂子さん、 プロデュースはEGG FIRM、 アニメーション制作はLercheが担当。キャストでは 久導細道役を山下誠一郎さん、 赤城りん役をファイルーズあいさん、 蒼葉夕紀役を鈴木愛奈さん、 黒木ミサ役を井澤詩織さんが担当します。

      Twitter

         

      イントロダクション

      西暦2019年、改元を目前とした日本。 その上空に突如現出した異次元の裂け目。そこには天地逆転した異世界「真国日本」があった。 かつての軍国主義を維持したまま、永世昭和の世を続ける並行世界は、 現行兵器を無効にするガス兵器「幻霧」と巨大人型兵器「伽藍」を駆使し、私たちの日本を軍事的侵略。瞬時に政府を掌握し、事実上の征服を果たす。 我らに「令和」という時代は訪れなかった......。 ―――それから十年後。真国の属国として生まれ変わった幻国・日本。 厳しい検閲の中、かつて隆盛を誇った マンガ、アニメ、アイドル等のサブカル文化は完全に死に絶えた......かに見えた。 しかし、Otaku is not dead! サブカル文化を守るため真国に真っ向から抗う集団が存在した。 その名も秘密結社「アラハバキ」。そして主力兵器「ガランドール」と、その動力源となり戦う少女たち。 人は彼女たちを称してこう呼んだ…、 電池少女と…。

      スタッフ

      原作:伽藍堂
      監督:安藤正臣
      シリーズ構成:上江洲 誠
      キャラクター原案:渡辺明夫
      キャラクターデザイン:黒澤桂子
      プロデュース:EGG FIRM
      アニメーション制作:Lerche

      キャスト

      久導細道:山下誠一郎
      赤城りん:ファイルーズあい
      蒼葉夕紀:鈴木愛奈
      黒木ミサ:井澤詩織

      ©伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会 ©RUMBLE GARANNDOLL PARTNERS

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2021年07月03日 12:19▼返信
      サブカルを守るため戦ういったらヒラコーのあれやりゃいいのに
      「オタクは滅ぼうとしていた」的なw

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)