なんだかおもしろい

      荒木飛呂彦さん「ジョジョリオン」10年の歴史に幕 ジョジョ8部が次号のウルトラジャンプで最終回

      1

      荒木飛呂彦さんのマンガ「ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン」が、本日7月16日発売のウルトラジャンプ8月号にて、次号9月号で完結すると発表されました。Twitterでは「第109話:ラヂオ・ガガ事件 1941年、S市の駅に停車した汽車から大量の荷物とカメラ機材と共に一人の女が降り立った。女はある土地の調査のため、アメリカからやって来たというが……? 次号、ついに物語完結!!」と紹介。

      「ジョジョリオン」は、荒木飛呂彦さんのマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第8部であり、2011年よりウルトラジャンプで連載しているマンガ。連載は10年目となります。

      スティール・ボール・ラン・レースから120年後。2011年3月11日に起きた大震災から約半年後、杜王町に出現した壁の目で、地中に埋まっていた男・東方定助が主人公。

         

        

      ウルトラジャンプ 2021年8月号
      ウルトラジャンプ 2021年8月号
      ウルトラジャンプ編集部(著)
      ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 26 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      ジョジョの奇妙な冒険 第8部 モノクロ版 26 (ジャンプコミックスDIGITAL)
      荒木飛呂彦(著)

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)