なんだかおもしろい

      「四畳半タイムマシンブルース」アニメ化

      2

      森見登美彦さんの小説「四畳半タイムマシンブルース」のアニメ化が決定しました。現在アニメ化決定PVが公開中。

      2005年に刊行、2010年にTVアニメ化がされた「四畳半神話大系」と、2005年に実写映画化がされた上田誠さんの戯曲「サマータイムマシン・ブルース」、この2作の悪魔的融合により生まれた小説「四畳半タイムマシンブルース」は、2020年7月に刊行。

      TVアニメでは、監督を夏目真悟さん、脚本を上田誠さん、 キャラクター原案は中村佑介さん、 アニメーション制作はサイエンスSARU。

      夏目真悟さんは「「四畳半神話大系」のアニメ放送から10年以上経ちましたが、「四畳半タイムマシンブルース」を読み始めた途端、一気にあの時の感覚が甦りました。 この懐かしさをみなさんと共有できるようアニメ化、頑張ります」とコメントをしています。

         

      あらすじ

      8月12日、灼熱の京都、左京区。 「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなった。悪友・小津が 昨夜リモコンを水没させたのだ。   「私」が、映画サークル「みそぎ」のクールビューティー明石さんと対策を協議していると、モッサ リした風貌の見知らぬ男子学生・田村が現れた。彼は25年後の未来からタイムマシンに乗って  やってきたという。 そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモ コンを持ってくればいいじゃないか!しかし、小津たちが勝手気ままに昨日を改変、過去を書き 換えていく。世界消滅の危機を予感した「私」は、慌てて止めに入るが、時すでに遅し! 果たして、無事リモコンは、日常は、取り戻せるのか!? そして、「私」と明石さんの恋の行方は――? 「昨日」と「今日」の、世にも迂闊なタイムマシンの無駄遣いが始まる!

      スタッフ

      監督:夏目真悟
      脚本:上田 誠(ヨーロッパ企画)
      キャラクター原案:中村佑介
      アニメーション制作:サイエンスSARU

        

      四畳半タイムマシンブルース (角川書店単行本)
      四畳半タイムマシンブルース (角川書店単行本)
      森見 登美彦(著), 上田 誠(その他)

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2021年08月12日 16:14▼返信
      どっちも好きなんだけど、別に一緒にする必要なくね?って本だった。そういう意味でスピンオフというかファンブックというか、アニメ化するようなもんだとは思わなかった。
      2 おもしろい名無しさん 2021年08月12日 16:17▼返信
      湯浅監督じゃねーのかよ解散
      3 おもしろい名無しさん 2021年08月12日 16:37▼返信
      楽しみではあるが湯浅監督じゃないのかーちょっと残念
      4 おもしろい名無しさん 2021年08月13日 08:42▼返信
      製作はSABUだけど、監督がブギーポップ、Sonny Boyで退屈な作風やらかしてる夏目真悟か
      5 おもしろい名無しさん 2021年08月13日 09:55▼返信
      貴方酷いことおっしゃる

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)