なんだかおもしろい

      ロボコス大集結!Twitterでも話題となった「第二次スーパーロボコス大展」レポート【動画あり】

      2021年10月17日(日)に、大阪・クリエイティブセンター大阪にて、ロボット・メカを中心とした造形コスプレイベント「第二次スーパーロボコス大展」(以下「ロボコス大展」)が開催されました。

      2020年に引き続き、今年で2回目の開催。昨年より会場規模を拡大し、廃墟を感じさせる造船所跡地で多くの大型造形コスプレが登場しました。こちらでは主観中心でレポートしていきたいと思います。

      動画制作しました!

      イベントPV制作しました。後半にはギャザリング(ジャンルを合わせてステージでパフォーマンスを披露するイベント)の様子も一部動画でアップしています。

      ご興味ございましたら、是非ともチャンネル登録をよろしくお願いします!

      ロボコス大展について

      0G8A5317

      ロボコス・ガワコスの楽しさや面白さを身近に体験できるイベント「ロボコス大展」。第一回開催に至った経緯は、関西圏の一部の造形レイヤーさんが有志で2019年ごろに企画開始したことがきっかけだそうです。

      ロボコスといえば、コミックマーケットなどで披露し話題となった大型コスプレが過去にも数多くありました。関西や名古屋でも会場規模が広いイベントであれば過去には参加するコスプレイヤーさんも多くいたのですが、コスプレイベントでの長物や重火器を模したアイテムの持ち込み禁止など、披露できない場が多いのも事実です。特に関東圏で大型造形コスプレを披露できるイベントはかなり限られてきます。(ぱっと思いつくイベントがないです…)そのため、近年の関東圏のコスプレイベントでロボコス・メカコスを見たことがない人も、多いのではないでしょうか。

      0G8A5301

      「ロボコス大展」にて展示されていた出展作品は関西圏の造形コスプレイヤーさんによる出展作品割合が多い中、関東からの製作・出展の方もいらっしゃり、未だかつて見たことのない大小様々な造形コスプレが展示されていました。一つのイベントで見た造形コスプレの数としては圧倒的であり、過去最大数ではないかと思いました。

      0G8A5318

      また、「攻殻機動隊」シリーズより、実際に動くタチコマ、マーベル映画「アイアンマン」シリーズよりハイクオリティなアイアンマン集合、「マブラヴ オルタネイティヴ」シリーズより不知火や「新幹線変形ロボ シンカリオン」よりドクターイエローは人間以上のサイズで、そして「ゲッターロボ」シリーズよりゲッター1「無敵超人ザンボット3」よりザンボット3など懐かしの作品も展示されていました。

      どんな作品が展示されていた?

      0G8A5320
      0G8A5324
      0G8A5325
      0G8A5326
      0G8A5341
      0G8A5454

      展示だけじゃない、ちゃんと動きます

      圧巻の展示内容ですが、これは展示だけのイベントではなく、実際にロボコス・ガワコスの中に入り、コスプレを披露できることです。

      特に話題になったのがタチコマの動くシーンですが、今回の取材最大のミスは、この動くシーンの撮影ができなかったことです。

      ほか、ガンダムや昭和作品、かわいいゾイドのコスプレもありました。ギャザリングという文化は海外では広まっている一方、国内ではまだまだ見かける場面の少ないのですが、ロボコス・ガワコスの魅力は動いてこそ!だと思うので、このイベントとすごくマッチしていたんじゃないかと思います。

      _2-39 screenshot (1)

      唯一無二のロボコス大展。この規模のイベントを関東でも…と、個人的には強く思います。

      ご来場者様以上にご出展される方は大掛かりな準備が必要で、移動や輸送も大変。参加したくてもできないという方もいらっしゃった(と勝手に思っています)。

      次回以降が開催されるとしたら!どんなコスプレが見れるのか…今から楽しみです。

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTubeで動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      • この記事をツイートする