なんだかおもしろい

      弐瓶勉×ポリゴン・ピクチュアズ「大雪海のカイナ」アニメ化&マンガ化

      新作アニメ「大雪海のカイナ」が発表されました。

      「シドニアの騎士」原作の弐瓶勉さん、そしてアニメを手掛けたポリゴン・ピクチュアズによる大型プロジェクトとして発表された「大雪海のカイナ」は、雪海によって大地が消えかけた世界を部隊に繰り広げられる物語。2023年1月よりフジテレビ「+Ultra」枠で放送されるほか、2月26日に発売の月刊少年シリウス4月号(講談社)にて、「獣の奏者」武本糸会さん作画で連載がスタートします。

      拡がり続ける「雪海」により、大地が消えかけた異世界――。 人々は巨木「軌道樹」の根元や頂から広がる「天膜」の上でかろうじて暮らしていた。 天膜の少年カイナと、地上の少女リリハが出会うとき、滅びかけた世界を変える物語が、始まる――。

      本作は、世界各国から高い評価を受けている漫画家・弐瓶勉と、弐瓶勉作品を圧倒的なクオリティでアニメ化してきたポリゴン・ピクチュアズによって、生み出されるプロジェクトです。 漫画連載は『獣の奏者』の武本糸会、TVアニメは安藤裕章(代表作:「LISTENERS リスナーズ」「亜人」)を監督に迎え、壮大なファンタジーストーリーを描きます。 長い構想期間を経ていよいよ始動する本作は、ポリゴン・ピクチュアズ設立40周年記念作品としても公開。ぜひ、ご期待ください!

      弐瓶勉さんは「大雪海のカイナ」は長い時間をかけて関わってきた物語です。 自分のアイディアが他の方々の手によって形づくられていくのは、描いた漫画を映像化してもらうのとは少し違った、不思議な感じです。 まずは武本糸会先生の漫画として、その後はアニメとして、この作品を皆さんに楽しんでもらえれば嬉しいです!」とコメントをされています。

      Twitter

      ©弐瓶勉/大雪海のカイナ製作委員会

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2022年01月21日 09:37▼返信
      新作は嬉しいがコミカライズは別の人か
      これからはそういう路線で行くのかね

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)