なんだかおもしろい

      マンガ「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜」2023年にNetflixで映画化

      1

      マンガ「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」が、Netflixで映画化決定!2023年に全世界独占配信されます。

      麻生羽呂さん原作、高田康太郎さん作画のマンガ「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」は、ゾンビが街にあふれた世界を舞台に描かれる、青春ゾンビ活劇。月刊あサンデーGX(小学館)にて連載中で、単行本は第11巻が6月17日に発売。

      ゾンビ増殖でブラックな人生変わった!

      汚部屋でゾンビ映画を観て「会社に比べりゃ天国だよな」とつぶやく男・天道輝(24)は、かなりのブラック企業に入社して3年目。憧れの経理・鳳さんへの恋もままならず、いよいよ正常の向こう側に踏み込んでいた。ある朝、管理人が住民を「食べて」いるのを皮切りに、街ではゾンビが増殖開始。迫る死者たちに追われる輝が感じたのは……
      『今際の国のアリス』麻生羽呂と『ハレルヤオーバードライブ!』高田康太郎による初の強力タッグ。『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が「こんな“ゾンビもの”を待っていた。読むべし!!」と激推しする、前代未聞の青春ゾンビ活劇、ロケットスタート!!

      実写映画では、人公・輝を赤楚衛二さんが演じるほか、監督を石田雄介さん、脚本を三嶋龍朗さんが担当。

      赤楚衛二さんは「アキラは本当にポジティブな男で、何事にも真っ直ぐで全力でキラキラしているキャラクター。パニックものなのかなと思いきやすごく前向きな話だったので、新しい目線のゾンビ映画だなと思いました。全速力で追いかけられることはありましたが、ポジティブな気持ちで逃げるということが今までなかったので、それもまた新しい経験でした」とコメントをされています。

      Twitter

        

      ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(11) (サンデーGXコミックス)
      麻生羽呂(著), 高田康太郎(著) | 小学館 | 発売日:2022-06-17
      ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(1) (サンデーGXコミックス)
      麻生羽呂(著), 高田康太郎(著) | 小学館 | 発売日:2019-03-19

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      コメント

      1 おもしろい名無しさん 2022年06月08日 12:05▼返信
      もうNetflixは一生スベり続けてろ
      2 おもしろい名無しさん 2022年06月08日 13:08▼返信
      また駄作作るのか
      3 おもしろい名無しさん 2022年06月08日 18:48▼返信
      これの漫画好きだから興味あるな
      4 おもしろい名無しさん 2022年06月08日 21:23▼返信
      漫画は面白かった。
      5 おもしろい名無しさん 2022年06月09日 09:01▼返信
      序盤は面白かったけど途中からウザいと感じるようになって読まなくなった
      話もなかなか進まなくなったし

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)