なんだかおもしろい

      連載50周年!「ベルサイユのばら」が完全新作劇場アニメ化

      1

      マンガ「ベルサイユのばら」の完全新作劇場アニメ化が決定しました。

      フランス革命の時代に、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、王妃マリー・アントワネットの愛と人生を描いた、池田理代子のマンガ作品。1972年に週刊マーガレット(集英社)にて連載されたほか、TVアニメ化や舞台化、映画化など様々なメディアミックス展開をしている人気作です。

      「ベルばら」、劇場アニメで再び。 革命期のフランスで懸命に生きる人々の、愛と人生を鮮やかに描いた池田理代子の漫画「ベルサイユのばら」。連載中から読者の熱狂的な支持を集めた本作は、宝塚歌劇団による舞台化やTVアニメ化と、様々な方面で社会現象を巻き起こし、少女漫画界に金字塔を打ち立てた。そして1972年の連載開始から50年の時を経て、完全新作で劇場アニメ制作が決定。 物語は、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットを中心に繰り広げられる。2人は栄華を誇る18世紀後半のフランス・ベルサイユで出会い、時代に翻弄されながらも、それぞれの運命を美しく生きる。

      池田理代子さんは「多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きと嬉しさでいっぱいです」とコメントをされています。

      また、9月17日に東京シティビューにて「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 -ベルばらは永遠に-」が開催され、ティザービジュアルとアニメのキャラクター設定画像、背景設定画像一部などが先行で公開されます。

      Twitter

        

      誤字脱字はこちらから連絡をお願いします。

      YouTube動画公開中!チャンネル登録よろしくお願いします!


      中の人のつぶやきはこちら!


      関連リンク
      • この記事をツイートする

      本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

      コメント

      コメントをどうぞ

      誹謗中傷・宣伝行為・ネットマナー違反など、サイト運営上不適当な書き込みは管理人の判断で削除致します。
      早バレ、ネタバレと思われる書き込みについても場合によっては削除の対象となります。
      (こちらではネタバレ書き込みと判断が難しいので、ネタバレでない場合は「予想」など一言添えて書き込んでいただけるとうれしいです)